薄毛の原因

MENU

薄毛の原因にもいろいろありまして・・・

薄毛の原因は、少なくても男性の場合は遺伝的要素が大変大きいのは
紛れもない事実です。

 

歳をとるにつれて少しずつ薄くなっていくパターンを、いわゆる
男性型脱毛症というのですが、コレは以前から遺伝的な体質と
言われてきました。

 

最近では、DNA解析の技術がすごく進んだので、

遺伝的要素が大きく関係しているのは
ほぼ間違いないと断定されたようです。

 

ある意味、宿命なのかもしれません。

 

 

しかし、遺伝的要素だけで薄毛になるということではありません
もちろん、症状を遅らせたり改善したりすることも可能です。

 

ということは、気を使わずに暮らしていけば症状が早く進むし、
対策をすれば、その進行を遅らせることができるかもしれない
という事だと思います。

 

ならば、なるべく早いうちから原因を特定し、その対策を
しておくべきでしょう。

 

 

薄毛の原因のを根本的に考えるとは、抜ける量が生える量を
上回ることで起きてしまいます。

 

さらには、生えた髪の栄養不足で髪が細くなってしまい、
髪のボリュームがなくなって薄く感じられるようになることも・・・。

 

 

さらに悪いことに、髪が抜け手薄くなったり髪の健康を損ねる
原因が、現代社会には数え切れないほど多くあります

 

たとえば、頭皮の汚れ、頭皮の血行、ストレス、睡眠不足
栄養不足・過多、不規則な生活などです。

 

あっ、喫煙による血流内の酸素不足も当然頭皮に悪影響を
与えますね。

 

 

食事で言えば、脂肪分の多い揚げ物や肉類などは、頭皮に
脂がたまりやすくなり詰まってしまいます。そうなると、
毛根が酸素がいきわたらなくなり、抜け毛が促進されてしまいます。

 

 

このように、薄毛になる原因は、遺伝にプラスして
このような要素があるんですね。